カテゴリー別アーカイブ: 風景

大塩貴文写真展『始まりのほとり』終了しました。

3度目となる個展
大塩貴文写真展『始まりのほとり』も無事9日間の会期を終え
好評のうちに終了することができました。

手厚いサポートをしてくださったアイランドギャラリーに
告知を手伝っていただいたり
写真展を盛り上げてくれた友人方々
たくさんの支えがあったからこそ
実現できたことだと思います。

年度の切り替わりというバタバタする時期にもかかわらず
足を運んでくださった方々、
そして作品を購入していただいた方々、
本当にありがとうございました。

私がこれまで写真で表現したかった世界観、
小鳥の写真だけではできなかった部分を
今回はしっかりと形にすることができたかなと実感しています。

これまでとギャップを感じられたようで、
いろいろとお褒めの言葉もたくさんいただきましたが、
違和感を感じられた方もいたのかなと思います。
でも私の中ではすべてが繋がっていて、
これからも少しずつその繋がりを紡いでいこうと思っています。
私が伝えたいこと少しずつ共有させていただけたらと、
更に精力的に活動していきます。

今後の活動もぜひ楽しみにしていただけたら幸いです。

【展示作品紹介】

「うたかた」

やがては消える
すべてのかたち
うたかたの世に
かたちを残す

SIGMA dp3 Quattro

大塩貴文写真展『始まりのほとり』本日最終日です。

本日もOpenからCloseまで終日在廊しています。

9日間の展覧会もあっという間に最終日を迎えます。
ちょうど都内の桜も会期に合わせて見頃から、
そして散り始めへ
桜の花びらが舞い旅立ちを始めています。
終わりであり、それは始まりでもあります。
そんな次の世界を
この作品からも感じていただけたらと思っています。
本日もギャラリーにて皆様のお越しをお待ちしています。

【展示作品紹介】

「流桜」

流れゆく
春の終わり
そして始まる
物語へと続く旅路へ

SIGMA DP2 Merrill

大塩貴文写真展『始まりのほとり』
2018年3月23日(金)~4月1日(日)
http://islandgallery.jp/15720

大塩貴文写真展『始まりのほとり』残すところあと2日となりました。

本日はOpenからCloseまで終日在廊しています。

自分の持つ世界観を表現する上で
“始まり”と位置付けた展覧会、
これから少しずつ物語を膨らませていけたらと考えています。
その始まり、
ぜひじっくりと体感していただきたいと思います。

【展示作品紹介】

「霞に浮かぶ」

霞に包まれ
感覚が薄れていく
上と下もない
空虚の世界

SIGMA dp3 Quattro

大塩貴文写真展『始まりのほとり』
2018年3月23日(金)~4月1日(日)
http://islandgallery.jp/15720

大塩貴文写真展『始まりのほとり』残り3日間です。

【展示作品紹介】

「夜明けに描く」

暗闇に浮かぶ
光りの流動
強く止まることなく
輝きを描き続ける

SIGMA dp3 Quattro

------
夜明け前
懐中電灯の光を頼りに
薄暗い渓谷を
奥へと進んでいく、
谷間に満ちる
水の流れる音
打ち付ける滝の音。
空が明るみを帯び
谷底に光が届き始めると
白くうっすらと
幾重にも筋を描きながら
少しずつ現れていく
------

大塩貴文写真展『始まりのほとり』
2018年3月23日(金)~4月1日(日)
http://islandgallery.jp/15720